つきのくさぐさ



『月・人・石』(乾千恵 書/谷川俊太郎 文/川島敏生 写真)

a0010194_0574635.jpg


図書館でまずタイトルに惹かれて手に取り
「初めて出会う「書の絵本」」という帯の文句が気に入って借りました。
読んでみるとまさに絵本。
見開きの左ページに漢字1字の書が、右ページに写真と文が置かれていますが
吸引力はあきらかに書のほうにあり、つい目が左に行ってしまいます。
また、線の力強さといい1字のバランスといい、
『文字』というよりは『アート』の領域に感じられます。

というわけで、1度目は左ばかりを向いて読み終えた私でしたが、
2度目はつとめて右を向いて読むようにしました(笑)。
すると、また、文章もとても素晴らしいのでした。
1ページにほんの1,2行なのですが、
目立たぬながら、書のパワーを受け止めて跳ね返すだけの「言葉の力」があります。
さすがは谷川俊太郎・・・と申しましょうか。

書で取り上げられた漢字が何か、文がどんな文なのか
引用したいのはやまやまですが、ネタバレになるので自粛します。
ただ、タイトルどおり「月」「人」「石」は必ずあるので
ご興味のある方はご覧になってくださいませ。




なお、この本の最終ページのおまけは、
本書で取り上げられた全漢字の
「中国語」「韓国・朝鮮語」「インドネシア語」「アイヌ語」「琉球語」「タイ語」「ベトナム語」
「エスペラント」「スワヒリ語」「ヒンディー語」「スペイン語」「英語」「イタリア語」「ドイツ語」
「ロシア語」「フランス語」「フィンランド語」「アラビア語」「ヘブライ語」
での表記がずらりと勢ぞろいです。
つまり、「月」も、この19カ国分あるんですよ~!!
文字も完全現地表記ですし(例:ハングル・ロシア語)、
発音記号等も付いていませんから
「読み方が分からない」んですが・・・それでもわくわくしますね。

さてみなさま、何か国ぶん、お分かりになられますか?
[PR]
by variousmoon | 2005-02-26 01:23 | 「文」の月
<< 本日拾ってきたお月さま(プラス... 冬花火とお月さま >>


月を語ろう。月と語ろう。月と遊ぼう。月を遊ぼう♪ from 甲申年 閏二月朔日
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
十三夜(後の月)
from Feeling...感じるままに
中秋の名月と兎のお月見団..
from Feeling...感じるままに
中秋の名月
from 季節を感じて
ぼんやり十三夜
from つきのくさぐさ
TB企画“十三夜の宴・2..
from つきのくさぐさ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧