つきのくさぐさ



『朧月夜~祈り』・『月の沙漠』(中島美嘉:ミニアルバム『朧月夜~祈り』)

a0010194_23102518.jpg

連続して「音」の月に参ります。
昨年9月に10万枚の完全限定生産で話題になったこのアルバム、
誰もが知っている唱歌『朧月夜』を、ヴァイオリニスト葉加瀬太郎がアレンジしました。
お茶のCM(たしか爽健○茶?)とタイアップしていて、
そして紅白歌合戦でも歌われましたから、
みなさまも耳にされたことが多いのではないでしょうか?

試聴されたい方はどうぞこちら

唱歌の『朧月夜』がそもそも好きな私にとっては
どんなアレンジをされるのか、内心少し不安だったのですが、
それは全曲を聴いてみて納得しました。
『朧月夜』のゆったりしたメロディーが、途中から『祈り』という
オリジナルメロディー&歌詞に代わる所も
独創性があってとても好きです。

カップリング曲の『月の沙漠』は、かなりアレンジが強めですが、
(ええと・・・夜の酒場のけだるい雰囲気?です)
それもそれで不思議な感じがしてとてもよい曲だと思います。

ただ・・・ものすごくそもそも論として。
このアルバムにはやや納得できない点があります。



1.『朧月夜』をタイトルにしていながら9月発売!!
これはvariousmoon、まったくもって釈然としない点です。
『朧月夜』:おぼろ月の出ている夜。おぼろ夜。また、古くは、おぼろ月のこと(大辞泉)。
おぼろ月とは、やわらかくかすんで見える春の夜の月です。
当然、季節は春です。
歌詞にも「菜の花畑に入日薄れ~♪」とあるではないですか。
まるまる半年時期がずれています。
9月ならば中秋の名月でございましょう!

私は、意地でも3月までこの紹介記事をUPしませんでしたですよ(笑)。

せめて9月に出すのなら『月の沙漠』のほうをタイトルにするとか
『朧月夜』のままならがんばって4月ごろリリースするとか。
楽曲の良さそれ自体とは全く関係がないでしょうが、
せっかく四季のある日本に住んでいるのですから、
季節感を大事にしていただきたかったのです・・・。

2.もうちょっと声量のある歌手に歌って欲しかった

ファンの方には申し訳ないのですが、中島美嘉って声が細いですよね。
透明感はともかくも、『朧月夜』はもっと朗々と歌って欲しかったのです。
葉加瀬太郎の曲がよいだけに、「他の人いなかったのかなぁ・・・」と
つい思ってしまうvariousmoonでありました。
個人的好みの差でしょうかね・・・。
[PR]
by variousmoon | 2005-03-07 23:37 | 「音」の月
<< 如月朔日&お披露目 『月光花』(Janne Da ... >>


月を語ろう。月と語ろう。月と遊ぼう。月を遊ぼう♪ from 甲申年 閏二月朔日
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
十三夜(後の月)
from Feeling...感じるままに
中秋の名月と兎のお月見団..
from Feeling...感じるままに
中秋の名月
from 季節を感じて
ぼんやり十三夜
from つきのくさぐさ
TB企画“十三夜の宴・2..
from つきのくさぐさ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧