つきのくさぐさ



甘い記憶のお裾分け♪

a0010194_0294943.jpg


実はvariousmoon、先週の3連休に京都に行っておりました。
いろいろ予定が詰まっていたので、またしても「下見」はできませんでしたが、
遊びに来てくださったみなさまに、お土産のお裾分けをさせていただきます。

京都・祇園の和菓子屋『亀屋清永』の「月影」です。
個包装にしてある薄切りの羊羹です。
創業約400年の老舗ですが、パッケージからスタイリッシュです。
そしてこちらが断面。
a0010194_0341338.jpg

黒糖味の羊羹が夜空、月に照らされた雲を表現しているのが胡桃です。
「月影」=月の光の名のままに、
お月さま本体が表れていないのが、また心憎い配慮ですね。

すてきな和菓子に敷いて・・・と思い、ずっと使う日を待ち望んでいたものがありました。
この「月影」こそ、これにふさわしい!!と
いそいそと引っ張り出してきました。
a0010194_039152.jpg

白熱灯の明かりに透かしてみたのでお分かりになると思いますが、
雪月花の透かしが入った懐紙なのです。
これはいただきもので、しかも最後の1枚です。
セットしてみます。
a0010194_0444516.jpg

ご覧になれますでしょうか?
桜の花をお菓子の前に配置してみました。
手前に桜、奥に雲、そしてその向こうに確かに感じるお月さまの気配・・・。
桜月夜の甘い記憶ということで、どうぞお召し上がりください。
(写真が暗くて申し訳ありません・・・)。



なんとも言えず、美味しいです。
和菓子は大好きで、餡も大好きなのですが、
「羊羹」はくどくて甘くて重くて、あまり得意ではなかったのです。
ただ、この「月影」は、全然そんなことがなくて、
黒糖が効いた羊羹部分の甘みもさっぱりしている上、
胡桃の香ばしさとほのかな苦味が、全体の味を引き締めています。
なんせ、試食で細かく切った欠片をいただいて「おいしい!」と思い
買おうとしたら名前が「月影」だった、という
偶然にしてはあまりにもvariousmoonにとって都合のよい展開(笑)でした(実話です)。
京都に行かれた際にはぜひ、おすすめです。
関東には支店がないようですから。

追伸:TB企画“桜月夜の記憶”では、本物の「桜」や「月」でない
このような反則技TBも大募集中です!(笑)
[PR]
by variousmoon | 2005-03-25 00:51 | おいしい月
<< 桜・開花宣言♪ 記念バナー&ポスターbyでろさま >>


月を語ろう。月と語ろう。月と遊ぼう。月を遊ぼう♪ from 甲申年 閏二月朔日
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
十三夜(後の月)
from Feeling...感じるままに
中秋の名月と兎のお月見団..
from Feeling...感じるままに
中秋の名月
from 季節を感じて
ぼんやり十三夜
from つきのくさぐさ
TB企画“十三夜の宴・2..
from つきのくさぐさ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧