つきのくさぐさ



愛知万博(愛・地球博)のお月さま

記事のUPが遅くなりましたが、
9月9日(金)、日帰りで愛知万博に行って参りました。
どこもかしこも人・人・人でした。
会期が9月25日までなので、平日なのに196,299人も来場していたそうです。
人が多すぎて見に行けなかった場所もありましたが、
丸一日、有意義に遊んできました!
今回は、「万博のお月さま」をテーマにレポートしてみたいと思います。

最初に見つけたお月さまは、長久手会場日本広場にある
モニュメント「日本の塔『月』」です。

a0010194_102419.jpg

銀の三日月をかたどった、高さ10メートルの塔に
金の三日月があしらってあります。
これはからくり仕掛けで、毎時0分から人形が動き音楽が演奏されます。
幸い、人形が動く現場が見られました(写真は、実演終了後の10時10分)。

次は、トルコ館の外観。

a0010194_1896.jpg


当たり前ですが、国旗の象徴である月と星がお出迎えです。
(手前の大きな人形は、スペイン・カタロニア地方のもの。
トルコ館前の広場でパフォーマンスがありました)。

続いて、月好きには絶対に外せない三菱未来館@earthでございます。
なんせ副題が「もしも月がなかったら」ですから。

a0010194_1204358.jpg


天体としての月は、地球に小惑星が衝突した際に、
その破片たちが寄り集まって出来たもの、だそうです。
もし仮に、月が生まれなかった場合、
地球のありさまがどのようになものになるかを
ロボットによる事前レクチャーと、プレショー、そして
シアター内での映像で説明してくれるパビリオンです。

映像ももちろんすばらしかったのですが、
個人的には、会場内に入る前にレクチャーをしてくれる
ロボットアテンダントが大のお気に入りでした。

a0010194_1271831.jpg


黄色い頭だけが見えているのが、このロボット“wakamaru”君です。
会場では同型で1号から3号までお出迎えしてくれます。

最後に、夜になってから入ったサウジアラビア館の外観です。

a0010194_134433.jpg


砂漠に三日月。とてもすてきな絵でした。
砂漠に住む人たちには、これは当たり前の光景なのでしょうね。
ライトアップされてますますきれいに。
[PR]
by variousmoon | 2005-09-11 23:24 | いろいろな月
<< TB企画“十五夜の宴・2005... いよいよお月見の月です。 >>


月を語ろう。月と語ろう。月と遊ぼう。月を遊ぼう♪ from 甲申年 閏二月朔日
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
十三夜(後の月)
from Feeling...感じるままに
中秋の名月と兎のお月見団..
from Feeling...感じるままに
中秋の名月
from 季節を感じて
ぼんやり十三夜
from つきのくさぐさ
TB企画“十三夜の宴・2..
from つきのくさぐさ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧