つきのくさぐさ



variousmoonの聖地詣で(11月3日・昼)

a0010194_094912.jpg

(この写真だけで何処か解った方に拍手を!)

みなさま、十三夜の際には"十三夜の月・2006"企画に
ご参加いただきましてほんとうにありがとうございます。
variousmoon、心より御礼申し上げます。

さて、宣言どおり11月3日には京都にいたvariousmoonでございましたが、
この記事は、十三夜お月さまが出るまで、のルポとなります。

むかしむかし、もう2年以上も前、この<つきのくさぐさ>に
銀閣寺忍び込み隊という悪の秘密結社(!?)がございました。
由来はリンク先を参照していただくとしまして、この結成時から、
variousmoonにとって銀閣寺はある意味で聖地となり、
いつか行こう行こうと思いながら、
春・秋の特別公開時期と自分の帰省時期と自分の予定が
いつも合わずに断念しておりました。
やっとお参りする事が出来まして、安堵しました。
あいにく建物内は写真撮影禁止なので、庭の写真がメインです。

a0010194_0344575.jpg

三点セット(笑)。
手前が銀沙灘、奥が向月台(1枚目の写真)、その隣の建物が観音殿です。
写真でもご覧いただけますように、とにかくものすごい人出でした!

a0010194_036488.jpg

観音殿外観アップ。

a0010194_0392392.jpg

本堂より東山側を望む。ひともとだけ紅葉しています。

ほんとうは、山の端から十三夜お月さまが顔を出してくださるまで
ずっと銀閣寺に粘っていればよかったのですが、
諸般の事情からそれはかないませんでした。
(そもそも参拝が17時までで、このように東側に山があるので、
月の出の時間から計算しても微妙なところだと思いましたし・・・)。
でも、普段拝観できない、東求堂や弄清亭なども満喫できましたし、
たいへん有意義な参拝でございました。
詳しい配置図などはこちらのサイトの「散策」にて。

それに、こんなことをして遊んでいましたし、ね。



a0010194_0484983.jpg

(銀閣寺を出て移動後、町家の前にて。正面からはご勘弁を。笑)

せっかく憧れの聖地に足を踏み入れるのですから、
どんな趣向を凝らして訪ねればよいかを真剣に思い悩んでいたのです。
(いえ、100%自己満足なんですけれど・・・)。

このきものは、きもの秋ぶらり・2006という
レンタルプランでお借りしたものですが、なんと袋帯がうさぎ柄なのです!!
お月さまと仲良しのうさぎさんに、variousmoonが飛びついたのは言うまでもありません。
きもの本体のレンタルに着付けサービス込み、肌着と足袋のみ持参すればOKという
大変魅力的なプランなのですが、唯一、問題なのが、「返却時間が早い」こと。
われわれ(variousmoonときもの友達。但しその友達はvariousmoonのことを知らず!)
は、約5時間のシンデレラと化したのでありました。
でもでも、もし春・秋に京都に行かれるご予定がある方は、
一風変わった観光法として非常におすすめですよ♪
[PR]
by variousmoon | 2006-11-12 01:03 | いろいろな月
<< まぼろしの三日月(絢香:シング... "十三夜の宴・200... >>


月を語ろう。月と語ろう。月と遊ぼう。月を遊ぼう♪ from 甲申年 閏二月朔日
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
十三夜(後の月)
from Feeling...感じるままに
中秋の名月と兎のお月見団..
from Feeling...感じるままに
中秋の名月
from 季節を感じて
ぼんやり十三夜
from つきのくさぐさ
TB企画“十三夜の宴・2..
from つきのくさぐさ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧