つきのくさぐさ



「雪月花時最憶君(雪月花の時 最も君を憶ふ)」【白居易「寄殷律協」】

今日は、関東地方には珍しく、一日中雪が降りしきっていました。
思わず、猫のように炬燵に丸まっていたvariousmoonでしたが、
雪の降る音、というのは、耳をそばだてていたら、
気のせいではなくて確かに聞こえますね。
来し方行く末、思わず感慨にふけってしまいました。

「雪月花の時 最も君を憶ふ」…このフレーズは割に有名ですが、
雪も月も花も、心に留めていないと案外見逃すもの。

あなたにとって、「君」はどなたですか?
いとしい「君」を最近思い出したことがありますか?

少しばかりの自戒を込めて。

追伸:去年は雪が降りませんでした。一昨年の雪・月・花はこちらで。
ついでに、私の愛する上村松園の「雪月花」はこちらで。
[PR]
by variousmoon | 2008-02-03 22:49 | 「文」の月
<< 月餅四姉妹 遅ればせながら >>


月を語ろう。月と語ろう。月と遊ぼう。月を遊ぼう♪ from 甲申年 閏二月朔日
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
十三夜(後の月)
from Feeling...感じるままに
中秋の名月と兎のお月見団..
from Feeling...感じるままに
中秋の名月
from 季節を感じて
ぼんやり十三夜
from つきのくさぐさ
TB企画“十三夜の宴・2..
from つきのくさぐさ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧