「ほっ」と。キャンペーン

つきのくさぐさ



カテゴリ:「音」の月( 19 )


まぼろしの三日月(絢香:シングル「三日月」)

少々前から話題になっていたにもかかわらず、
原曲を聴くのが遅くなっていました。
でも、聴いたら、最近の音楽に疎いvariousmoonでも「ああ~!」というわけで、
CMソングでもありますし、すでに耳にされた方も多いと思われます。

曲も良いですが、これは映像がまたすばらしい!
街灯の上に横座りになって歌う姿のために
わざわざ地上7メートルのセットを作った、という夜景の美しさは
ワンカットで撮影されたということで、非常にこだわりを感じさせます。
しかも、三日月はほんとは出ているのに、作品には映していないんですって!
まぼろしの三日月ですね!
(variousmoonとしては、ちょっともったいない気もしますが・・・)
(そんなこの「三日月」のウラ話はこちらから)

Yahooで公開されていますので、一度観てみてくださいませ。
ミュージッククリップ視聴はこちらから(~11/30)

ただ、揚げ足取り的にヒトコト
[PR]
by variousmoon | 2006-11-18 02:00 | 「音」の月

梅雨時の夢想(「月を盗む」:元ちとせ シングル「語り継ぐこと」収録)

a0010194_22551541.jpg


私が最後に出会ったお月さまは、6月末。
ずいぶんとほっそりとした夕方の三日月でした。
(ただし月夜見を連れていなかった為撮影できず・・・)。
7月になって一度もお目にかかれないうちに
雲の向こうでいまごろは上弦を過ぎておられるはずです。

季節違いなのですが、ふと、この曲を思い出しました。
静謐な真冬の夜を思わせる曲風なのですが、
サビの部分の歌詞が、

届く事の無い月影ならば いっそ二人で盗んでしまおう
ひそかにひそかに月を砕いて 輝く氷を川に流した
深く深く海ノ底へ 雪の様に舞い続け光る夢


なのです。(歌詞はYahoo ミュージックより引用)。

梅雨のどんよりした雲にさえぎられ、
届く事のない月影ならば、いっそ・・・。
あくまで冗談ですけれども(笑)。
[PR]
by variousmoon | 2006-07-05 23:09 | 「音」の月

「月光」(アルバム『The Ballads~Love&B'z』より)

B’zといえば、息も長く、ヒット曲も非常に多数。
ファンの方もそうでない方も、
日本を代表するミュージシャンの一組であると評価することには
さほど抵抗がないような気がいたします。
variousmoon、正直申し上げて
毎回CDを買ったりコンサートに行ったりするような
「ファン」では全然ありませんが、
聴くといい曲が多いなぁ・・・とは思っておりました。
そんな半端なスタンスの人に、うれしいのは「ベスト・アルバム」(笑)。
このアルバムは、B’zのバラード曲ばかりを集めたもので、
本来別の曲目当てに借りたのですが、
・・・その中に眼を引く「月光」の文字があったのです!!
(すみません。ベスト・アルバムに入っているくらいですから
有名曲なのでしょうが、私は、たまたま聴くまで知りませんでした・・・)

この曲は、月光で青く染まる部屋からスタートし、
愛し合おうとすればするほど、
すれ違う2人の想いを描写しています。
・・・基本的に、赤面しそうな歌詞ですが(バラードですから。笑)、
次の歌詞には非常に心惹かれるものがありました。

「無心に与えあい続けることは 夢の道端に咲く花のようだ」

「誰にできることなのだろう」と反語調で続くことからしても、
この曲は、要はそれはできない・・・と言いたいのです。
確かに(恋愛に限らず)それは非常に難しいことで、
何か相手に対して行動を起こしたら、
その見返りを求めてしまいがち。
初めから期待を前提とすると
「打算」とそしられても仕方ないですが、
でも、「これだけのことをしたから(相手にもこれくらいのことはしてもらえる)」
という思考回路は、けっこう普通に存在するような気がしますし、
しかもそれは、私には人一倍よくあることなのです。
「無心に与えあい続けること」
この歌詞を味わいながら、しみじみと反省した次第です。

ただ、最後にこの曲は、
「闇の中から柔らかに 月は照らし続ける
少しずつずれながらも 手探りで寄り添い歩く心を」

と、締めてくれておりますので、
希望がないわけではないのでしょう。
お月さまが照らしてくださる限り。
難しいからといって、最初からあきらめてはいけませんよね。
(完全に達成したら、いわゆる「悟りの境地」のような気もいたしますが・・・笑)

(歌詞はYahoo!ミュージックより引用いたしました。)
[PR]
by variousmoon | 2005-11-27 23:46 | 「音」の月

Musical Baton~“「音」の月”風味

a0010194_1105779.jpg

(↑は今晩(20日)のお月さま。手ブレのため満月に見えますが、満月は22日ですね。笑)

こんばんは。ごぶさたして申し訳ありません。
クロワッサンですっかり子豚ちゃんになったvariousmoonです(笑)。

さて、あっという間にBlog界を席巻している
この“Musical Baton”なる海外発の企画ですが、
いつもお世話になっております、Chubbさまと、halfmoonさまから
ほぼ同時期にバトンが渡されました~♪
ふむふむ・・・以下の5つの質問に・・・こたえるのですね。
(予備知識のないひと)
では、早速やってみます!

*************************************
【5つの質問】(Chubbさまから借用)
Q1. Total volume of music files on my computer (コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)
Q2. Song playing right now (今聞いている曲)
Q3. The last CD I bought (最後に買った CD)
Q4. Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me (よく聞く、または特別な思い入れのある 5 曲)
Q5. Five people to whom I'm passing the baton (バトンを渡す 5 名)
**************************************

Q1. Total volume of music files on my computer (コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)
今見たら31.8MBしかありませんでした。
・・・ものすごく少ないのではないでしょうか??(ちなみにPCは購入3年弱)
ハードディスクに落とすという習慣がなく、音楽は今もCDで聴きますし、
借りてきたCDもそのままCD-Rに焼くので、ある意味当然かもしれませんが。

Q2. Song playing right now (今聞いている曲)
「うたかた」(ポルノグラフィティ アルバム『THUMPx 』)

この曲、いいです。最近の1曲リピート曲ですね(今もリピート中)。
「デッサン」と「サウダージ」の切なさに、「カルマの坂」の物語性を合わせた感じ
・・・って、ポルノファンしか分からない表現ですみません。

Q3. The last CD I bought (最後に買った CD)
Q2と同じく、ポルノグラフィティ アルバム『THUMPx 』。
このアルバムが出てから、とみにポルノ熱が再燃中です。
(いえ、いつも好きなのですが)
「うたかた」以外なら、シングル曲の「ネオメロドラマティック」が好みです。
あと、タイトルでちょっとくすっと笑える「社員 on the beach」

Q4. Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me (よく聞く、または特別な思い入れのある 5 曲)
なかなか5曲に絞り込むのは難しいですね~。
あくまでvariousmoon風味、ということで、「「音」の月」の過去記事を中心に拾ってみます。

1.「月飼い」 (ポルノグラフィティ シングル『メリッサ』 )
2004年3月21日(甲申年 閏二月朔日 )・・・ここから私のBlog世界は始まりました。
思い入れはひとしおです。

2.『月光』(ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第14番嬰ハ短調op.27-2)
昔、華やかなオーケストラ音楽ばかり聴いていた私ですが、
ピアノ・ソナタの良さを初めて実感できた1曲です。
私の手持ちのCDはホロヴィッツの演奏です。
未だにこれを超えるお気に入りに出会っていません。

3.「月の光」(ドビュッシー『ベルガマスク組曲』より)
初めて親にCDプレイヤーを買ってもらったとき、
一緒にくれたCD(いわゆる名曲CDだったと思います)に入っていました。
私の音楽史(?)の記念碑的作品だというのに・・・
私ってばなぜ記事を書いていないんでしょうか・・・いけませんね(苦笑)。

4.「月光」(鬼束ちひろ シングル『月光』)
記事を書いているうちにCDが替わり、たまたまこの曲になりました。
やはりこの曲も外せません。
一目ぼれならぬ、ひと聴き惚れの1曲。これ以降鬼束ちひろファンです。

5.「月の赤ん坊」(中島みゆき アルバム『PRESENT--BEST SELECTION 16』)
そして、もちろん忘れてはいけない中島みゆき様。
(ポルノは呼び捨てに出来ても、みゆき様は敬称が外せないvariousmoon(笑))
「私の中でのBest「月song」」・・・1年経った今でも、まだ揺らいでいません。

Q5. Five people to whom I'm passing the baton (バトンを渡す 5 名)
さて、どなたにバトンをお渡ししようかしら・・・と
ご近所さまをぐるりとお訪ねしましたところ
みなさま現在進行形か完了形で、バトンを渡されているご様子。
いったん回ってきた方にまた回しても仕方がない企画ですから、
ここは私としては、バトンをあえて止めます。
(パスや止めるのもあり、だそうなので・・・Chubbさま、halfmoonさますみません)。
申し訳ありませんが、この企画にご参加になりたい方は、
他の方のご指名をお受け下さいませ。

それでは、長々とありがとうございました。
「「音」の月」カテゴリでいっぱいUPしそびれているネタがあることを
再確認しつつ・・・おやすみなさい♪
[PR]
by variousmoon | 2005-06-21 01:02 | 「音」の月

月・薔薇・そして音楽(「荒城の月」の競演)

いつもお世話になっております
<Chubb's Chamber*Reading Room No.2>のChubbさまから
大阪は中之島公園に咲き乱れる薔薇をお届けいただきました。
「荒城の月」という名前のクリーム色の薔薇です!
荒城の月

「荒城の月」といえば・・・言わずと知れた唱歌の名曲でございます。
ちょっと調べると、なんとオフィシャルサイトまでありました。
<荒城の月 オフィシャル>
今われわれが思い出せる旋律は、
大正時代に山田耕作の手が加わったものだそうで
(瀧廉太郎って23歳の若さで亡くなったのですね・・・)
このオフィシャルサイトで聴ける原曲バージョンは、全然違う雰囲気です。
ぜひダウンロードしてみてくださいませ。
それに「荒城の月」に歌詞が4番まであるなんてご存知でしたか?
あらたな発見をさせていただきました。

いま荒城のよはの月
替わらぬ光たがためぞ(3番の歌詞より)

・・・variousmoonのため?(笑)
うそです。月を愛するすべての人のために。

さらにChubbさまは、お月さまと「荒城の月」の共演写真を撮ってくださいました。
いま荒城のよはの月
空の月、地上の月・・・花の月、音の月。
二重三重の競演を、ありがとうございました。Chubbさま!!

5/24追記:
Chubbさまから感激の続報がもたらされました。
メンデルスゾーンと「荒城の月」の関係は?
いろんなところでいろんなことがつながっているのですね・・・!
[PR]
by variousmoon | 2005-05-22 17:34 | 「音」の月

「PAIN」(中島みゆき アルバム『月~WINGS』)

第2回音楽トラバ 「雨の歌」

complex_blueさまのBlog<せBlog>にて
とてもすてきなTB企画が進行中でございます!

私は、まっさきに思い浮かんだのがこの「PAIN」でした。
大好きな中島みゆきの中でも、とりわけ好きな曲なのです。

歌え雨よ 笑え雨よ
救いのない 人の愚かさを

歌え雨よ 笑え雨よ
限りのない 人の哀しさを

この曲のサビの歌詞なのですが、
現実世界で愚かな出来事が起こるたびに
時折思い出すフレーズです。
みゆき様の歌声は朗々とのびやかで神々しささえ感じさせます。
CDですら、いつもぞくぞくしてしまうのでした。
今も聴きながら、書き込みしています。

以下、テンプレートです。
記事だけでなくコメントでの参加も可のようですので
みなさまもぜひ!

★☆★☆★☆★☆★☆第2回 音楽トラバ★☆★☆★☆★☆★☆

 雨と聞いて連想する歌を教えてください。

 雨を効果的に使った歌。

 雨が降った日に聞きたい歌。

 雨が降り出すとふと思い出す歌などなど。
 
 こちらの記事までTBして下さい。コメントでもOKです。
 
 ※誰でも参加出来るようにこのテンプレートを
   記事の最後にコピペしていただければありがたいです。

 企画元 せBLOG http://seiki.exblog.jp/ 
 記事URL:http://seiki.exblog.jp/2671620/
 締め切り:三重県の入梅まで

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

ないしょのひとこと
[PR]
by variousmoon | 2005-05-14 00:06 | 「音」の月

『朧月夜~祈り』・『月の沙漠』(中島美嘉:ミニアルバム『朧月夜~祈り』)

a0010194_23102518.jpg

連続して「音」の月に参ります。
昨年9月に10万枚の完全限定生産で話題になったこのアルバム、
誰もが知っている唱歌『朧月夜』を、ヴァイオリニスト葉加瀬太郎がアレンジしました。
お茶のCM(たしか爽健○茶?)とタイアップしていて、
そして紅白歌合戦でも歌われましたから、
みなさまも耳にされたことが多いのではないでしょうか?

試聴されたい方はどうぞこちら

唱歌の『朧月夜』がそもそも好きな私にとっては
どんなアレンジをされるのか、内心少し不安だったのですが、
それは全曲を聴いてみて納得しました。
『朧月夜』のゆったりしたメロディーが、途中から『祈り』という
オリジナルメロディー&歌詞に代わる所も
独創性があってとても好きです。

カップリング曲の『月の沙漠』は、かなりアレンジが強めですが、
(ええと・・・夜の酒場のけだるい雰囲気?です)
それもそれで不思議な感じがしてとてもよい曲だと思います。

ただ・・・ものすごくそもそも論として。
このアルバムにはやや納得できない点があります。

ちょびっと愚痴(ファンの方済みません!)
[PR]
by variousmoon | 2005-03-07 23:37 | 「音」の月

『月光花』(Janne Da Arc シングル『月光花』)

a0010194_2328552.jpg


日本テレビ系で月曜19時から放映中のアニメ版『ブラックジャック』
オープニングテーマ曲がこの『月光花』です。
私にとって、歌詞に印象的な部分があって、前奏がよい曲は
かなりポイントが高いのですが、
おまけに「月」ですから、もうそれだけで♪(笑)。
細かいことなのですが、ジャケットもとても美しいですし。

月の欠片を集めて 夢を飾り眠る

時の砂ちりばめても あのころへ帰れない

個人的にはいちばんこのフレーズが好きです。
ただ・・・私は幸いにして(不幸にも?)
「あのころに帰りたい」という明確な時期を持ちません。
今が、いちばん!
そうでありたいとは、いつも思っていますが。
[PR]
by variousmoon | 2005-03-02 23:46 | 「音」の月

「月迎え」(中島みゆき アルバム『心守歌』)

最近のお月さまは、variousmoonの帰り道のころ、まさに中天におられます。
見上げる、どころか、首を垂直にのけぞらせる私は
通行人にはかなり異様なのではないかと思われます。
(気にしていませんけど)。

しかし、冬のお月さまは、とっても高く、遠くにおられるような気がします。
手をどれほど伸ばしても届かない、はるか高みに
またたく冬の星を従えた、凛としたその姿。
・・・届かないなら、せめて迎えに行きたいと、そう思います。

大好きな中島みゆきの曲ですが、良さはくどくどとは申しません。
月を迎えに出かけませんか 部屋を抜けておいでなさい

1番のこの出だしを聴くたびに「はい!」と内心で即答しているvariousmoonです。

ただ、この曲・・・2番は、
月を迎えに出かけませんか 身体抜けておいでなさい

となっておりまして・・・。
・・・すみません、まだ幽体離脱にはvariousmoon、修行が足りませぬ。
やりたいのはやまやまなのですが(笑)。
[PR]
by variousmoon | 2005-01-19 23:00 | 「音」の月

「アゲハ蝶(Red Mix)」(ポルノグラフィティ アルバム『雲をも摑む民』)

a0010194_15528.jpg
梅雨っぽくじめじめと暑いのではなく
夏本番!といった感じにかーっと暑い日におすすめの曲。
そう、ここ数日のような。

「ひらりひらりと舞い遊ぶように 姿見せたアゲハ蝶
夏の夜の真ん中 月の下
喜びとしてのイエロー 憂いを帯びたブルーに
夜の果てに似ている漆黒の羽」

先日「アオスジアゲハ」を見かけました。
普通に都心の街路樹にでも飛んでいるものなのですね。
私は蝶の中でもこのアオスジアゲハが大好きです。
メタリックブルーのアクセントが効いていて
黒い羽をひらひらと羽ばたかせて飛ぶ姿は、とてもとても優雅です。

この曲に描かれているように、本当に月の下で舞うのかは知りません。
アゲハ蝶は昼間しか飛ばないのかもしれません。
(一応作詞者の意図としては、ここでのアゲハ蝶は女性の象徴だそうですから)。
ですが、いちいちこだわるのも野暮というもの。
アオスジアゲハが月の光を浴びて待っていてくれたら
私、泣いて喜び、すぐさま外へ彷徨い出ることでしょう・・・。

上で見たアオスジアゲハは、カメラを持っていなかった為撮影できず
代わりにアップした写真は、手持ちの浴衣です。
(これなら手ぶれもしないし。笑)
ご覧の通りのアゲハ柄で、もうかなり長い間愛用しています。
今年は着る予定があるので今から楽しみです♪

というわけで、最後になりましたが、
みなさま、暑中お見舞い申し上げます~!

いつもお世話になっている
<はる・なつ・あき・ふゆ>のぽかりさまのTB企画に参加です。
暑中お見舞い申し上げます♪

☆「暑中お見舞い」のトラックバック募集中です☆
トラックバックのやり方は、ここのトラックバックURL=
http://pocari.exblog.jp/tb/624139
をコピー、ご自分のトラックバックしたい写真の 編集 をクリック
→トラックバックURLにさきほどのURLをペーストして 送信 です
ぜひ、ご参加くださ-い!
[PR]
by variousmoon | 2004-07-10 15:06 | 「音」の月


月を語ろう。月と語ろう。月と遊ぼう。月を遊ぼう♪ from 甲申年 閏二月朔日
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
十三夜(後の月)
from Feeling...感じるままに
中秋の名月と兎のお月見団..
from Feeling...感じるままに
中秋の名月
from 季節を感じて
ぼんやり十三夜
from つきのくさぐさ
TB企画“十三夜の宴・2..
from つきのくさぐさ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧