つきのくさぐさ



カテゴリ:いろいろな月( 38 )


一筆啓上

a0010194_20431965.jpg


おひさしぶりですの方へ
手紙だとちょっと改まってしまうかな、と、葉書を買ってみました。
何を書こう?何から書こう?

・・・残念ながら、今年、少なくとも関東では、
桜はまん丸お月さまには逢えませんでしたけれど。
他の地方では、この葉書のような光景も見られるかもしれません。

【4月6日。陰暦三月朔日。あたらしい月のはじまり】
[PR]
by variousmoon | 2008-04-06 20:48 | いろいろな月

メキシコの赤い月

a0010194_2217683.jpg


Yahoo!のトップページに飾られているこの写真
とっても神秘的なので、ちょこっと(いや、堂々と?)拝借して、
メキシコに旅した気分になる、お手軽variousmoonです。
記事はこちら

背筋がぞくりとした去年の皆既月食が、懐かしいです。
次回、全国で観測できる皆既月食は、2010年12月21日だそうです。
また、まったりとお待ちいたしましょう。
[PR]
by variousmoon | 2008-02-21 22:19 | いろいろな月

満月の八十八夜

本日5月2日は八十八夜です。
立春から88日目、「夏もち~かづくは~ちじゅうはちや~♪」ということで
本日は新茶の初摘みが恒例なのですが、
宇治の茶摘みの様子はこちら

さらにさらに今日は偶然にも満月だったので、
去年買ったこの紅茶みたいに、満月の光で茶摘みしてくれないかしら~
と思わず妄想をふくらませてしまったvariousmoonでありました。
満月の光の下で摘まれた紅茶はもちろんですが、
満月の光の下で摘まれた緑茶は、さぞかし繊細な味がして
喉をすべらせるのがもったいないだろうな、と思うのですが・・・。
どなたか商品化してくださる方募集中(笑)。

【お知らせ】
明日3日から7日(一日お休みいただいて)まで帰省します。
いただいたコメントのお返事など、しばらくお待ちいただければ幸いです。
みなさま、よいGW(後半戦)を~!
[PR]
by variousmoon | 2007-05-02 23:47 | いろいろな月

「三日月」に乗せて、女王の舞

絢香の「三日月」について、昨年の11月に記事を書きましたが、
本日まで東京で行われていたフィギュアスケートの世界選手権、
新女王の安藤美姫選手が、エキシビションのアンコールで「三日月」を滑りました。
しかも親交が深いという絢香が、会場で歌うという豪華バージョン。
(大きな大会で優勝したら、会場で歌いたい、という絢香の希望もあったそうです)。
すごくぜいたくな時間でありました。
テレビ観戦でしたが、よいものを見せていただきました~!

記事はこちら
[PR]
by variousmoon | 2007-03-25 23:52 | いろいろな月

variousmoonの聖地詣で(11月3日・昼)

a0010194_094912.jpg

(この写真だけで何処か解った方に拍手を!)

みなさま、十三夜の際には"十三夜の月・2006"企画に
ご参加いただきましてほんとうにありがとうございます。
variousmoon、心より御礼申し上げます。

さて、宣言どおり11月3日には京都にいたvariousmoonでございましたが、
この記事は、十三夜お月さまが出るまで、のルポとなります。

むかしむかし、もう2年以上も前、この<つきのくさぐさ>に
銀閣寺忍び込み隊という悪の秘密結社(!?)がございました。
由来はリンク先を参照していただくとしまして、この結成時から、
variousmoonにとって銀閣寺はある意味で聖地となり、
いつか行こう行こうと思いながら、
春・秋の特別公開時期と自分の帰省時期と自分の予定が
いつも合わずに断念しておりました。
やっとお参りする事が出来まして、安堵しました。
あいにく建物内は写真撮影禁止なので、庭の写真がメインです。

a0010194_0344575.jpg

三点セット(笑)。
手前が銀沙灘、奥が向月台(1枚目の写真)、その隣の建物が観音殿です。
写真でもご覧いただけますように、とにかくものすごい人出でした!

a0010194_036488.jpg

観音殿外観アップ。

a0010194_0392392.jpg

本堂より東山側を望む。ひともとだけ紅葉しています。

ほんとうは、山の端から十三夜お月さまが顔を出してくださるまで
ずっと銀閣寺に粘っていればよかったのですが、
諸般の事情からそれはかないませんでした。
(そもそも参拝が17時までで、このように東側に山があるので、
月の出の時間から計算しても微妙なところだと思いましたし・・・)。
でも、普段拝観できない、東求堂や弄清亭なども満喫できましたし、
たいへん有意義な参拝でございました。
詳しい配置図などはこちらのサイトの「散策」にて。

それに、こんなことをして遊んでいましたし、ね。

【おまけ】本邦初公開!variousmoonの・・・
[PR]
by variousmoon | 2006-11-12 01:03 | いろいろな月

月焼きのさかずき

月焼き
今日(9月22日)の朝日新聞夕刊2面に取り上げられていた焼き物です。
その名も「月焼き」。
コンセプトがそそられますね・・・。

唐津で焼いた器は 「唐津焼」           
有田で器は 「有田焼」
では、月の砂で焼いた器は?

さかずきの形状はひらべったくて(写真はリンク先をご参照下さい)
色もかたちも月のクレーターのようです。
わたしはあいにく日本酒は不調法ですが、
こんなさかずきでいただくのは、またロマンがあってよいでしょうね・・・うっとり。
月を見ながら飲めば、まさに月の酒!!

欲を言えば、この商品は、説明によれば
アポロ16号が持ち帰った月の土”レゴリス”とを同じ
組成を人工的に製造した模擬レゴリス”シミュラント”
を、国内陶土に混合。陶土60パーセント、シミュラント40パーセント

と、あくまで本当の月の土ではないので、
本物の月の土だったら、そこそこ大金でも買いたいと思うかもしれませんね。
もちろん、プレゼントしてくれる方がいたら大募集ですが(笑)。        
[PR]
by variousmoon | 2006-09-22 23:49 | いろいろな月

月面お散歩体験♪

a0010194_21522058.jpg

前回の記事にも書きましたが、
GWの帰省中、月夜見を忘れて帰った私・・・。
せっかくのお月さまを撮れず口惜しい思いをしていましたが、
そこは転んでもただでは起きないvariousmoon(?)
大阪は天保山のサントリーミュージアムIMAXシアターで、
5月6日に月面をお散歩して参りました。
ウォーキング・オン・ザ・ムーン 3D
調べて狙って行ったわけではなかったのですが、
大阪の地下鉄内でポスターを見たとたん、
「これは行くしかない!」とうずうずしたのです(笑)。

アメリカのアポロ計画のドキュメンタリーなのですが、
NASA全面協力がうたわれていて、3D映像のおかげで、
月面の砂が客席のほうに飛んでくるような
みごとな臨場感を体験する事ができます。
また、有名なアポロ11号だけではなく、
ほかに着陸に成功した12号、14号、15号、16号、17号の
乗組員の活動や発言などにも触れられていて、興味深かったです。
(パイオニアに比べて、それに続く人々への注目度はどうしても低くなりますが
彼らの地道な活動も決して忘れられてはならないと思うのです)。

40分間の映像、非常に楽しめました。
ただひとつ難点だったのは、
「トム・ハンクスプロデュース・脚本・ナレーション」と銘打ってあるわりには
ナレーションが日本語吹き替えだったんですよね。
どうせでしたら、翻訳によるニュアンスの違いなどもあるでしょうから
英語版で字幕をつけてもらうか、
せめて日本語吹き替えの日本語版の声優さんを
最後にクレジットで流して欲しかったです。

とはいえ、もしこの記事をご覧いただいたかたで
お月さままたは宇宙旅行に興味があり、
関西地方在住の方がおられましたら、おすすめです♪

(冒頭写真は無理を言って連れに撮ってもらいました。
サントリーミュージアムの外観です!)
[PR]
by variousmoon | 2006-05-14 22:21 | いろいろな月

月が美しい美術館

月が美しい美術館、オープン

広島県三次市出身の日本画家、故・奥田元宋氏と
その奥さまの人形作家小由女氏の美術館が、
4月15日、三次市にオープンするそうです。
コンセプトは「月の美しい美術館」
満月の日は夜10時まで開館し、
日本画にえがかれた月の情景を再現してくれるとか・・・。

奥田元宋の画は、山種美術館ほかで何点も見て、とても好きです。
確かに月を題材にしたものが多かったような。
お月見しながら美術鑑賞、
昼間にしか開いていないのが当たり前の美術館ですから
この発想自体が非常に新鮮です。

variousmoon、ぜひ!満月に行ってみたいです・・・。うずうず。

奥田元宋・小由女美術館
[PR]
by variousmoon | 2006-04-13 22:23 | いろいろな月

光の造形 -月の意匠・森の粧い-展

ただいま銀座1丁目のポーラミュージアムアネックスにて、
「光の造形-月の意匠・森の粧い展-」が開かれています。
写真を含めた紹介はこちらへ
お月さまと森をとらえた写真の数々と、
展示写真のうちの数枚の構図を下敷きにして作られた
透かし文様の漉き和紙とのコラボレーションの展覧会です。
写真だけでも十分な見応えがあるので、
(月光の織りなす蒼の世界も堪能できました)
お近くにご用事があれば、ぜひお立ち寄り下さい。
入場無料です。
ただ、ご紹介が遅くなってしまったので申し訳ないのですが、
この展覧会は2月26日(日)までです。
時間も10:00~19:00までですが、最終日は17:00までだそうです。
ご興味がおありの方で、時間的に足を運べなかった方がいらっしゃれば
心よりお詫び申し上げます。
私がもっと早くにご紹介できればよかったのですが・・・。
[PR]
by variousmoon | 2006-02-23 00:31 | いろいろな月

池に映る102年前の月の光

a0010194_23325294.jpg

(写真の入手場所ABC News NEW YORK Feb 14, 2006

この写真は、アメリカの写真家、エドワード・スタイケン(1879-1973)の
「ザ・ポンド-ムーンライト」(池-月光)という作品だそうです。
variousmoonはとくに写真に詳しいというわけではありませんので、
この方が写真史にどのような足跡を残したかは、詳しくは存じませんが
「292万8000ドル(約3億4000万円)で落札された」らしいので、
お値段から非常に高い芸術的&歴史的価値があることが推察されます。
毎日新聞の記事はこちら
写真の拡大版はこちら

樹間から差し込む月光が、池の面を照らし
一本一本の樹の姿まで鮮明に浮かび上がらせる・・・
まさに一幅の絵のような完成度ですが、
これが、1904年、今から102年前に実際に降り注いでいた
月光であると思うと、なんだかしみじみしてしまいますね。
[PR]
by variousmoon | 2006-02-16 23:46 | いろいろな月


月を語ろう。月と語ろう。月と遊ぼう。月を遊ぼう♪ from 甲申年 閏二月朔日
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
十三夜(後の月)
from Feeling...感じるままに
中秋の名月と兎のお月見団..
from Feeling...感じるままに
中秋の名月
from 季節を感じて
ぼんやり十三夜
from つきのくさぐさ
TB企画“十三夜の宴・2..
from つきのくさぐさ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧