つきのくさぐさ



<   2004年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧


TB企画“十五夜の宴”開催します♪

北海道から帰ってほっとひと息ついているうちに、
なんと中秋の名月は明後日ではございませんか!
企画元のくせに思わず焦りました。
こちら↓がテンプレートです。
ご自由にお持ち帰りくださいませ。
ここにトラックバックをお寄せ下さい。
楽しみにしております。
よろしくお願いいたします!

ただ、下の記事でも書きましたが、またしても!!天気が悪いようですね~。
でも、みなさまの願いが天に届けば、あるいは
空も少しだけ泣き止んで、お姿をお見せくださるかもしれません。


*******************************************************
TB企画“十五夜の宴”開催します!!
陰暦8月15日の十五夜(中秋の名月)は、古来からお月見の対象とされてきました。
その伝統は中国から伝わり、歴史はなんと一千年以上!
現代にまでこのお月見の風習は親しまれています。
今年は、十五夜のお月さまが月齢上も満月となる少し珍しい年です。
(十五夜ではまだ満ち切っていないのがふつうです)
9月28日22:09(月齢13.945)と、満月の瞬間も
比較的見上げやすい時刻であります。
みなさまの思い思いの「お月見」を、是非トラックバックしてください。
月の出、9月28日17:32、月の入り9月29日4:49となります。

トラックバックのやり方は、この記事のトラックバックURL↓
http://kusagusa.exblog.jp/tb/1086362
をコピーの上、ご自分のトラックバックしたい投稿の”編集”をクリック
→トラックバックURLにさきほどのURLをペーストして”送信”です。
*******************************************************

さてvariousmoonのお月見は・・・(写真は壊滅的な出来です。)
[PR]
by variousmoon | 2004-09-26 17:40 | 月見の宴・2004

二度あることは三度ある(?)

a0010194_16574936.jpg

ようこそカテゴリ『月見の宴』へ。
これから2度のお月見の間、空が泣き出さないように見張り番を仰せつかりました
わたくし、名を白菊(しらぎく)と申します。
どうぞみなさま、ご贔屓に。よろしくお願い申し上げます。

わたくしはまだ生まれてはおりませんでしたけれども、
前の満月もその前の満月も、なにやら天候が落ち着かないことであったとか。
今度の中秋の名月も、「てんきよほう」とか申すものでは曇りということで
気を揉んでいらっしゃる方も大勢いらっしゃることと思います。
遠く沖縄にある台風の影響か、今日も明日も雨が降りますそうですし。
ですが、わたくしもこの世に生を享けましたからには、
きっと我がつとめ、果たして見せましょうほどに、
みなさまの祈りはしかとこの胸に刻みまする。

ちなみに、てるてる坊主のくせに着物を着ているとか、
そんな野暮は言ってくださいますな。
「坊主」とは申しますが、わたくしどものルーツは花の乙女。
服もきちんと着ておりましたそうですから、
少し先祖がえりをしてみましたのです。
本当は稲穂の箒が欲しいところなのですが・・・。

お天気ミニ知識 てるてるぼうず
[PR]
by variousmoon | 2004-09-26 17:04 | 月見の宴・2004

帯広空港のお月さま

a0010194_2363741.jpg

そしてとっぷり暮れたころ空港に到着し、
去り際を引き止めたお月さまがこちらです。
空港のパーキングから。

さよなら北海道。
でもまたいつか来ようね。

さよならお月さま。
でもまたあした逢おうね。

a0010194_2393819.jpg


お月さまが沈んだ後、我々の乗った飛行機は飛び立ちました。
[PR]
by variousmoon | 2004-09-22 23:06 | 見上げた月

十勝平野のお月さま

a0010194_23324979.jpg


北海道、お月さまシリーズ第2弾です。
2日目は、昼間の日程には影響はなかったものの
夕方から天気が崩れたためお月さま写真はありません。
なのでこれは、旅行3日目の、十勝平野のお月さま。
バスの車窓からの綺麗なお姿です。
(下のほうに白っぽく写っているのが、バスの座席であります)。

暮れなずむ十勝平野。
まっすぐな道を行くバスに、お月さまはずっとずっと付いて来て下さいました。
遮るものがないので、心ゆくまで眼に焼き付けることが出来ました。
本当ならば、旅の終わりの切なさをかみ締めるところだったのでしたが
うっとり夢うつつだった私はそれどころではなく、
同行の友人に多大なる迷惑を掛ける羽目になりました・・・(苦笑)。

実はこの写真(と明日UP予定の写真)は、
私のお供のポンコツデジカメではなく、友人の優秀なデジカメで撮ってもらったものです。
いつもよりはかなり美人に撮れているでしょう?

片手の指で足りる、このBlogを知る現実世界の友人の協力に
この場を借りて、つつしんで御礼を♪
[PR]
by variousmoon | 2004-09-22 00:03 | 見上げた月

サロマ湖畔のお月さま

a0010194_22491927.jpg

こんばんは~無事帰ってまいりました!
いいですね、北海道♪
忙しいツアーでしたけど、雄大な山々、壮大な海をはじめとする
さまざまな自然の姿、本州とは全然違う植物
それに、果てなく続く畑・牧場、ひょっこり顔を見せる野生の動物たちや、
もちろん忘れちゃいけない美味しい食べ物(笑)まで
ばっちり堪能してまいりました。

そうそう、variousmoonとしては美味しい食べ物よりも忘れちゃいけない(?)
お月さまとのご対面!ですが、これも天気に恵まれなかった2日目を除き
大満足の結果に終わりましたことをここにご報告いたします。
まず今日UPしましたのは、初日(9月17日)のお月さまです。
タイトル通り、サロマ湖畔の宿から撮ったものです。
まあ、例によって例のごとくポンコツデジカメがお供なので、
どこにお月さまがいらっしゃるのでしょう?状態ですけど、
夕映えの色が気に入っているので、まず視力測定代わりに見付けてみて下さい。

【9月17日 17:48撮影】

見付かりましたか・・・?
[PR]
by variousmoon | 2004-09-20 22:43 | 見上げた月

逢いたいひとは北へ・・・

おはようございます。
毎度ながら突然ですが、ただいまから私、北海道に旅立ちます。
先々週は夏休み、今日からは秋休み(汗)でございます。
北の大地のお月さま、できれば地平線か水平線とお月さまの競演が
見たいと思っております♪
おいでくださるみなさま、留守がちで申し訳ありませんが
帰ってきたら今度こそお月見モードになるつもりです。たぶん(笑)。

なお、下の下の記事で焦っていた
PDF出版第3弾ですが、3日がかりでファイルが完成しておりました。
どうも相当込み合っていただけのことのようです。
疑ってすみませんでした、エキサイトさま。

遅くなってしまいましたが、自分のBlue Moonの写真を保存しておきたくて
作成したPDF出版第3弾です。

『Blue Moonの軌跡』

あと、ロゴをお月見仕様にしておきました。
あまり綺麗に撮れた写真ではないですが・・・。

では行ってまいります!
[PR]
by variousmoon | 2004-09-17 08:28 | 月・PDF出版

今さら聞けない基本の「き」

今日(9月16日)は新月からかぞえて3日目。
つまりは陰暦八月三日・・・本当は、一年のうちでまさに今日の月のことを
「三日月」と申します。
しかし、今日はまだ月齢1.5。
月の出6:45 月の入18:44と、とても細いお姿をしている・・・はずです。
【データはそばにあった日経新聞9月15日朝刊。東京港のデータ】

はい、ここに潔く白状いたします。
variousmoon、今日に至るまで、
三日月とは月齢3のお月さまのことと思っておりました!


仮にもお月さまBlogを志したというのに
そして下の記事でしみじみ半年を振り返ったというのに、
こんな失態ってありますでしょうか??
残念ながら沈むまでに建物から出ることが出来ず、
本日の『三日月』さまへのおめもじは叶わなかったのですが、
帰る道々、非常に頭が混乱しておりました。
「三日月」とだけ言うと、陰暦八月三日の月を指すということ自体は知っていましたが
当然のごとく、私の想像図ではもう少し満ちた、いわゆる「三日月」が浮かんでおりまして。
これまで一度も疑問に思ったことがないとは、
おそろしいほど、お恥ずかしいことであります・・・。
[PR]
by variousmoon | 2004-09-16 23:58 | いろいろな月

月が六度満ち六度欠け

みなさま、こんばんは。
大変長らくご無沙汰をいたしました。申し訳ございません。
本日は陰暦葉月朔日、新月の日です。
つまりは毎度ながら、このBlogが誕生して半年ということになります。

なんともはや、6ヶ月ですか。
積み重なった日々を思い、我ながら少々驚いています。
当初私が思い描いていたお月さまBlogは
あくまで自己完結の紹介系でありましたが、
ここを訪れて下さるみなさまの薫陶を受け、
さらに素敵な『つきのくさぐさ』に出逢うことが出来ております。
(ご紹介はまったくもって間に合っておりませんが、逆にネタ切れの心配はないかと。苦笑)。

また、開始当初「Blue Moon」の単語すら知らなかった私が、
TB企画により、お月さまのご縁でたくさんの方と触れ合うことが出来ました。
日本中で、世界中で、同じ月を見上げることはあっても、
そのことを証明できる稀有な機会は、なかなかないのではないかと思います。
個人的には、完徹したFirst Moon時の、
何とも言えず不思議な高揚感は、一生ものの体験でありました。
その点、偶然とはいえ、トラックバックという機能を持つ
Blogというツールを表現手段に選んでいたのは幸運だったと思っています。
次回は9月28日夜の十五夜でございます。
ますます秋の夜長の楽しみが増えてきた企画主です。

・・・ここまでつらつらと、かつしみじみと振り返って参りましたが、問題が1点発生しました。
TB企画“Blue Moon祭”終了記念に
遅ればせながらPDF出版第3弾を準備しておりましたのですが、
なんと、昨晩に作り出して、未だもってファイルが完成しません!!
どう考えても不具合です・・・よね?(20時間以上経っています)。
(ほんとはすぐに完成させて昨夜中にこの記事をUPする予定だったのです)。
これからエキサイトに問い合わせのメールを出してみますが、
PDF出版機能もとても気に入っているので、ぜひ改善していただきたいです。
せっかく心から褒めてるんですから・・・頑張って下さいエキサイトさま♪(笑)。
まさか無料会員向けのサービスが無くなったというわけでもなさそうですし。
[PR]
by variousmoon | 2004-09-14 22:47 | 月のお知らせ

『センセイの鞄』(川上弘美)

話題になったのは、もう大分前の話でしょうか。
ようやく(今さら?)読了することが出来ました。

単なる本好きからの興味で読み始めたのですが、
じつは、主人公は「ツキコさん」。
漢字で書けば「大町月子さん」
・・・お月さまだ~と喜ぶ約一名であります(笑)。
さらに、このお名前にちなんだのか、
各シーンに効果的にちりばめられる月の風景がよいです!!
時の移り変わりに寄せて、センセイとの交流が深まっていくさまを、
お月さまの淡い輝きがいつも見守ってくれています。
私も「センセイ」との恋、あこがれましたね・・・。

川上さんの文体・世界観は、多少好みの差はあるかもしれませんが、
この本は、読みきり連作のかたちを取っているのが
特に読みやすくて、最初の1冊におすすめです。
映画化されたんですよね・・・普段は原作が好きなら回避するところですが
(原作を活かした上でうまく映像化されている作品がほとんどないので)
この『センセイの鞄』はちょっと興味があります。

*夏休みの読書感想文です(笑)。引き続きお休みしております(休みすぎ)。
[PR]
by variousmoon | 2004-09-08 22:02 | 「文」の月

遁走(?)

みなさまこんばんは~。
明日から少々雲隠れの予定です。
すみません。更新・コメントが滞ります。
ただ、別に企画に疲れたから・・・というわけではございませんので
みなみなさま、ご心配なきようにお願いいたします。
(遊びの予定満載、遅めの夏休みです・・・。月のパワー全開?)

ちなみに、中秋の名月(十五夜)は9月28日
後の月(十三夜)は10月の26日でございます。
よしなにお願いいたします。
[PR]
by variousmoon | 2004-09-04 23:30 | 月のお知らせ


月を語ろう。月と語ろう。月と遊ぼう。月を遊ぼう♪ from 甲申年 閏二月朔日
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
十三夜(後の月)
from Feeling...感じるままに
中秋の名月と兎のお月見団..
from Feeling...感じるままに
中秋の名月
from 季節を感じて
ぼんやり十三夜
from つきのくさぐさ
TB企画“十三夜の宴・2..
from つきのくさぐさ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧