つきのくさぐさ



<   2005年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧


東京・開花宣言とお月さまスケジュール

東京でサクラ開花、平年より3日遅れ

東京でも31日、待望の開花宣言が出ました。
ほかに名古屋、甲府、佐賀、高知などでも。
開花宣言から約1週間で見ごろですから、
お花見に最適なのは来週末、になりますでしょう。

さてそこで、肝心かなめのお月さまなのですが・・・
ご存知の方はとっくにご存知だと思いますが
明日4月2日が下弦の月、4月9日が朔(新月)です。
つまり、お月さまは来週末、非常にスリム(かほどんど消えて)いらっしゃるわけで、
見事なまでに悪条件です。まさにウルトラD難度です。
だれがこんな企画を考えたのでしょう?(苦笑)。

企画参加のための解決策を、思いつくままに挙げると・・・
1.ちらほら咲き~見ごろ前の時期に、朝早起きする
夜明けごろだと、逆向き三日月に逢えますでしょうか。

2.見ごろ~見ごろ過ぎぐらいの時期に、三日月狙い
個人的には期待できると思っています。11日が陰暦弥生三日ですから。
この場合、満開のころの雨風は大敵です。
桜が散ってしまわぬように祈らねば!

3.上弦の月~満月の時期に、八重桜を追う
上弦の月が16日、満月が24日。
八重桜なら、場所にもよりますが間に合うかもしれません。

4.月齢に合わせて、桜の咲いている地方に旅に出る
これが出来たら、それに越したことはありません。
桜前線と共に日本列島漂泊の旅・・・理想ですね!!(笑)。
ただ、全国からトラバをお寄せいただければ、それで私は十分満足ですが。
[PR]
by variousmoon | 2005-03-31 23:58 | 桜月夜の記憶

桜・開花宣言♪

愛媛と宮崎で桜開花=全国で最も早く-気象庁


ここ数日全国的に気温が低かったため遅れていましたが、
ソメイヨシノの開花宣言がとうとう出ましたね。
いまはまだ愛媛と宮崎という「点」ですが、
これから徐々に「桜前線」となり、
北上していくことでしょう。

べつに当企画はソメイヨシノに限った企画ではございませんが、
やはり何といっても、全国津々浦々にある代表的桜の樹。
お月さまとの出逢いの機会も多いことでありましょう。

さあ、みなさま、いよいよですよ~♪


[PR]
by variousmoon | 2005-03-28 23:56 | 桜月夜の記憶

甘い記憶のお裾分け♪

a0010194_0294943.jpg


実はvariousmoon、先週の3連休に京都に行っておりました。
いろいろ予定が詰まっていたので、またしても「下見」はできませんでしたが、
遊びに来てくださったみなさまに、お土産のお裾分けをさせていただきます。

京都・祇園の和菓子屋『亀屋清永』の「月影」です。
個包装にしてある薄切りの羊羹です。
創業約400年の老舗ですが、パッケージからスタイリッシュです。
そしてこちらが断面。
a0010194_0341338.jpg

黒糖味の羊羹が夜空、月に照らされた雲を表現しているのが胡桃です。
「月影」=月の光の名のままに、
お月さま本体が表れていないのが、また心憎い配慮ですね。

すてきな和菓子に敷いて・・・と思い、ずっと使う日を待ち望んでいたものがありました。
この「月影」こそ、これにふさわしい!!と
いそいそと引っ張り出してきました。
a0010194_039152.jpg

白熱灯の明かりに透かしてみたのでお分かりになると思いますが、
雪月花の透かしが入った懐紙なのです。
これはいただきもので、しかも最後の1枚です。
セットしてみます。
a0010194_0444516.jpg

ご覧になれますでしょうか?
桜の花をお菓子の前に配置してみました。
手前に桜、奥に雲、そしてその向こうに確かに感じるお月さまの気配・・・。
桜月夜の甘い記憶ということで、どうぞお召し上がりください。
(写真が暗くて申し訳ありません・・・)。

さて肝心のお味のほうは?
[PR]
by variousmoon | 2005-03-25 00:51 | おいしい月

記念バナー&ポスターbyでろさま

●TB企画“桜月夜の記憶”へのトラックバック募集中!!

さっそくですが、でろさまに当TB企画のバナーとポスターを
作成していただきましたのでUPします!!

【大きいバナー 告知用】


【小さいバナー メモ帳用】


早くも今回の企画の難易度の高さに
各方面から非難ごうごう(!?)でありますし、
また、企画主が「自分が参加できるか不安」という
とんでもない企画でありますが・・・
いつもサポートしてくださる<影の忍>でろさま、
本当に本当にありがとうございます。
伏して御礼申し上げます。

こちら、告知用ポスターです!!

[PR]
by variousmoon | 2005-03-21 00:01 | 桜月夜の記憶

「天(あめ)の海に 雲の波立ち 月の船 星の林に 榜(こ)ぎ隠る見ゆ」(詠み人知らず『万葉集』巻7-1068)

月の船 何処へ行く?

a0010194_22141456.jpg

ほんとうに久し振りに出逢えた今日のお月さまは、沈む間際。
金色に輝き、舳先を上げて。
まるで天空の海に漕ぎ出すような、その姿・・・。

この歌は『万葉集』では詠み人知らずになっていますが、
一説には歌聖柿本人麻呂の作と言われています。
人麻呂作だとすると1300年以上前の歌ですが、
この感覚は驚くほど現代的です。
天→雲→月→星の「空つながり」と
海→波→船とつながる「海つながり」のことばが
ひとつの歌のなかで絶妙に融け合っています。
まるでSF世界のようではありませんか?
[PR]
by variousmoon | 2005-03-14 22:16 | 「文」の月

如月朔日&お披露目

こんばんは。
本日夕方18:10、朔(新月)を迎えました。
今日から陰暦の如月でございます。

先日から、訪問先のBlogさまが続々と1周年を祝っておられます。
1年も投稿を続けること、交流を絶やさないこと、たいへんめでたいことです♪
そこで、陰暦計算の当Blogでもひそかに誕生日をアナウンスしようとして
・・・一瞬後に挫折しました。
なぜなら、イメージ画像の下にも記していますように、
この<つきのくさぐさ>は「陰暦閏二月朔日」生まれなのです。
閏2月を通常の陰暦如月と称するのはさすがに無理があり、
かといって、「閏2月」が次回いつやってくるか・・・私には計算不可です。
(陰暦の閏月は不定期に挿入されるので、
ちょうど2月に当たるのはおそらく相当先の話ではないかと)
そのときまでずーっと「ゼロ歳です」と言い張るのもサバの読みすぎでしょうし(笑)。
というわけで、うちはとりあえず陰暦での1周年は宣言できませんが
みなさまよろしくご了承下さいませ。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ところで今日の本題は、「まぼろしの誕生日」ではなくて
<つきのくさぐさ>新イメージ画像のお披露目です。
a0010194_23431987.gif


以前variousmoonの落款でご紹介した印影を、
いつもお世話になっている<場所の記憶>のたまさまに、ネット印として加工していただいたものです!!
(ちなみに、たまさまの素敵な印はこちら

お忙しいところ、いろいろと色やサイズについてのわがままも聞いていただいた
フル・オーダーメイドでございまして、なんともはや贅沢な仕上がりとなりましてございます。
ここにUPしましたのは、私がリクエストした『禁色の印』ですが、
ほかにもいろいろな色や背景のネット印を作っていただきました。
今後、徐々に架け替えて参りますね!

たまさまに心からの感謝を捧げます!!
[PR]
by variousmoon | 2005-03-10 18:10 | 月のお知らせ

『朧月夜~祈り』・『月の沙漠』(中島美嘉:ミニアルバム『朧月夜~祈り』)

a0010194_23102518.jpg

連続して「音」の月に参ります。
昨年9月に10万枚の完全限定生産で話題になったこのアルバム、
誰もが知っている唱歌『朧月夜』を、ヴァイオリニスト葉加瀬太郎がアレンジしました。
お茶のCM(たしか爽健○茶?)とタイアップしていて、
そして紅白歌合戦でも歌われましたから、
みなさまも耳にされたことが多いのではないでしょうか?

試聴されたい方はどうぞこちら

唱歌の『朧月夜』がそもそも好きな私にとっては
どんなアレンジをされるのか、内心少し不安だったのですが、
それは全曲を聴いてみて納得しました。
『朧月夜』のゆったりしたメロディーが、途中から『祈り』という
オリジナルメロディー&歌詞に代わる所も
独創性があってとても好きです。

カップリング曲の『月の沙漠』は、かなりアレンジが強めですが、
(ええと・・・夜の酒場のけだるい雰囲気?です)
それもそれで不思議な感じがしてとてもよい曲だと思います。

ただ・・・ものすごくそもそも論として。
このアルバムにはやや納得できない点があります。

ちょびっと愚痴(ファンの方済みません!)
[PR]
by variousmoon | 2005-03-07 23:37 | 「音」の月

『月光花』(Janne Da Arc シングル『月光花』)

a0010194_2328552.jpg


日本テレビ系で月曜19時から放映中のアニメ版『ブラックジャック』
オープニングテーマ曲がこの『月光花』です。
私にとって、歌詞に印象的な部分があって、前奏がよい曲は
かなりポイントが高いのですが、
おまけに「月」ですから、もうそれだけで♪(笑)。
細かいことなのですが、ジャケットもとても美しいですし。

月の欠片を集めて 夢を飾り眠る

時の砂ちりばめても あのころへ帰れない

個人的にはいちばんこのフレーズが好きです。
ただ・・・私は幸いにして(不幸にも?)
「あのころに帰りたい」という明確な時期を持ちません。
今が、いちばん!
そうでありたいとは、いつも思っていますが。
[PR]
by variousmoon | 2005-03-02 23:46 | 「音」の月


月を語ろう。月と語ろう。月と遊ぼう。月を遊ぼう♪ from 甲申年 閏二月朔日
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
十三夜(後の月)
from Feeling...感じるままに
中秋の名月と兎のお月見団..
from Feeling...感じるままに
中秋の名月
from 季節を感じて
ぼんやり十三夜
from つきのくさぐさ
TB企画“十三夜の宴・2..
from つきのくさぐさ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧