つきのくさぐさ



<   2006年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧


如月のつごもり 如月のはじまり

本日2月28日の朝9:31
お月さまは朔となり、陰暦如月となりました。
新暦だと今日が二月の終わり、つごもりなのですが、
偶然ですが、新暦と旧暦がバトンタッチしたかのようですね!

3月6日には二十四節気のうち「啓蟄」を迎えますし
朝晩もだいぶ日が長くなってまいりました。
ぽかぽか陽気が待ち遠しいです。
[PR]
by variousmoon | 2006-02-28 23:04 | 月のお知らせ

新TB企画名決定!“花惑い 月惑い”

『祝7巻発売!蟲師祭り開催!』
というわけで、本日まで開催されております蟲師新刊発売記念祭りに
variousmoonもなんとかして参加しようとして
・・・あと1時間を切ってしまいました(遅すぎ)。

お祭りの参加方法についてはずいぶん悩んだのでありますが、
この<つきのくさぐさ>らしい参加を、ということで、
ささやかではございますが、7巻発売のお祝いに
春の「桜とお月さま」企画名を、
蟲師7巻冒頭の1話「花惑い」の名にちなんで、
“花惑い 月惑い”とさせていただくことにします。
a0010194_23222844.gif

(7巻の表紙も、桜の樹の下にいる主人公ギンコであります)

というのも、去年の“桜月夜の記憶”も
企画名としてはけっこう気に入っていたのですが、
夜じゃないお月さまを題材にするときに
「桜月じゃない・・・」
なんて、心ひそかに悩んでいたりしていたのです。
“花惑い 月惑い”ならば、24時間OKですよね?(笑)
(variousmoonは年中「月には惑っています」が・・・)

今回は企画名のみの決定とさせていただきます。
期間と詳細、テンプレートは近々ご用意いたしますので
みなさまのご参加をまたお待ち申し上げます。
[PR]
by variousmoon | 2006-02-26 23:23 | 月と蟲師

光の造形 -月の意匠・森の粧い-展

ただいま銀座1丁目のポーラミュージアムアネックスにて、
「光の造形-月の意匠・森の粧い展-」が開かれています。
写真を含めた紹介はこちらへ
お月さまと森をとらえた写真の数々と、
展示写真のうちの数枚の構図を下敷きにして作られた
透かし文様の漉き和紙とのコラボレーションの展覧会です。
写真だけでも十分な見応えがあるので、
(月光の織りなす蒼の世界も堪能できました)
お近くにご用事があれば、ぜひお立ち寄り下さい。
入場無料です。
ただ、ご紹介が遅くなってしまったので申し訳ないのですが、
この展覧会は2月26日(日)までです。
時間も10:00~19:00までですが、最終日は17:00までだそうです。
ご興味がおありの方で、時間的に足を運べなかった方がいらっしゃれば
心よりお詫び申し上げます。
私がもっと早くにご紹介できればよかったのですが・・・。
[PR]
by variousmoon | 2006-02-23 00:31 | いろいろな月

池に映る102年前の月の光

a0010194_23325294.jpg

(写真の入手場所ABC News NEW YORK Feb 14, 2006

この写真は、アメリカの写真家、エドワード・スタイケン(1879-1973)の
「ザ・ポンド-ムーンライト」(池-月光)という作品だそうです。
variousmoonはとくに写真に詳しいというわけではありませんので、
この方が写真史にどのような足跡を残したかは、詳しくは存じませんが
「292万8000ドル(約3億4000万円)で落札された」らしいので、
お値段から非常に高い芸術的&歴史的価値があることが推察されます。
毎日新聞の記事はこちら
写真の拡大版はこちら

樹間から差し込む月光が、池の面を照らし
一本一本の樹の姿まで鮮明に浮かび上がらせる・・・
まさに一幅の絵のような完成度ですが、
これが、1904年、今から102年前に実際に降り注いでいた
月光であると思うと、なんだかしみじみしてしまいますね。
[PR]
by variousmoon | 2006-02-16 23:46 | いろいろな月

表参道のお月さま&満月の夜の夜会

a0010194_1134075.jpg

2月13日 13:44、お月さまは地平線下で今年(陰暦)初めて満月となられました。

本日仕事を終えて一路向かったのは、表参道。
普段めったに降りない駅なので、
まるでクリスマスイルミネーションのような華やかな街並みに
田舎者はびっくりしてしまい、季節感を顧みず撮ってしまった写真です。
青色ダイオードの光は、実際よりはだいぶ暗めに写りましたが、
まるで銀河の中を月がたゆたっているようではありませんか?

↓は同じ写真のアップ。うさぎさんが写ってくれています。
a0010194_1213018.jpg

【2006年2月13日 19:32撮影】

タイトルの後半に心当たりのある方はこちらをクリック!
[PR]
by variousmoon | 2006-02-14 01:39 | 見上げた月

立春のお月さま(TB企画“寒月慕情(かんげつぼじょう)”ご参加御礼)

みなさまこんばんは。
ごあいさつが大変遅くなりましたが、
節分までが期間だったTB企画“寒月慕情(かんげつぼじょう)”
めでたくエンディングを迎えることができました。
寄せられたそれぞれのTBから、
みなさまの「お月さまを慕う気持ち」がひしひしと感じられ、
企画主としても非常にうれしい毎日でありました。
お忙しい中ご参加くださったかたがた
相互TBが遅くなってもあたたかく見守ってくださったかたがたに
毎度ながら御礼申し上げます。

もう暦の上では春になりましたので(寒いですが)
次に思いを馳せるは、やはり桜でしょうか・・・。
寒いといっても徐々に日も長くなり、暖かくなって参ります。
次回のTB企画(“桜月夜の記憶・2006”(仮))は
詳細未定ですが、みなさまどうぞよろしくお願い申し上げます。

陰暦で新年を迎えてから、variousmoonが
初めてお目にかかったお月さまは、立春のお月さま。
公園に高くそびえるヒマラヤ杉を、下からすくい上げるように・・・。
a0010194_0231966.jpg

【2006年2月4日 16:55撮影】
[PR]
by variousmoon | 2006-02-06 00:23 | 見上げた月

TB企画“寒月慕情(かんげつぼじょう)”開催します!

【2月3日までTOP固定。新着記事はひとつ下になります】
みなさま、改めましてあけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

ところで、本日1月5日は「小寒」。寒の入りです。
1月20日が「大寒」ですが、
この時期のお月さまは「寒の月」といって
見上げるのは寒いけれど(笑)、とても美しいものです。
突然ですが、久しぶりの長期間TB企画を立ち上げさせていただきます!
なぜって、寝正月で過ぎた年明けに
急に企画名だけが先に思いついたのです!
これはもうやるしかない・・・と!
(演歌のタイトルではないですよ?念のため(笑))

この時期だからこそ、暖かい部屋に駆け込む前に
ほんの少し、お月さまの居場所を探してくださいませ。
そして、まずは立春までを、指折り数えて過ごしましょう。

ただ、なんといっても一番寒い時期ですので、
企画ご参加にはくれぐれもご無理なさいませんよう
あらかじめお願い申し上げます。
深夜や早朝にシャッターチャンスを狙われたりして
風邪など引かれませんように!
あくまでお気軽に。まったり、のほほんが基本でございます(笑)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
TB企画“寒月慕情(かんげつぼじょう)”へのTB募集中!!

1月5日、二十四節気の「小寒」を迎え、寒の入りとなりました。
これから約1ヶ月は一年でもっとも寒い時期です。
ただ、冬至を過ぎたこれからは、
少しずつ日照時間が長くなって参ります。
凍てついた空のお月さまにも、毎日ほんの少しずつ春の気配。
お月さまと一緒に春を待ちわびてみませんか?

表現形態は無制限(写真は必須ではありません)、
実際ご覧になったお月さまだけではなく、創作でもOKです。
企画開催期間は、小寒から立春の前日(節分)まで。
つまり1月5日から2月3日までとなります。

トラックバックのやり方は、この記事のトラックバックURL↓
http://kusagusa.exblog.jp/tb/2970149
をコピーの上、ご自分のトラックバックしたい投稿の”編集”をクリック
→トラックバックURLにさきほどのURLをペーストして”送信”です。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
[PR]
by variousmoon | 2006-02-03 23:59 | 寒月慕情


月を語ろう。月と語ろう。月と遊ぼう。月を遊ぼう♪ from 甲申年 閏二月朔日
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
十三夜(後の月)
from Feeling...感じるままに
中秋の名月と兎のお月見団..
from Feeling...感じるままに
中秋の名月
from 季節を感じて
ぼんやり十三夜
from つきのくさぐさ
TB企画“十三夜の宴・2..
from つきのくさぐさ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧